保湿美容液は悩める肌に効果テキメン|女性が喜ぶ変化

気になる症状を改善する

鏡を持つウーマン

化粧水の選択が重要

ニキビ跡に赤みが残るのは、ニキビによって傷ができてそれを治すために毛細血管が増えるからです。つまり、ニキビ跡の赤みの正体は毛細血管であり、肌の修復力を高めるようなケアを行えば少しずつ改善されます。この手のニキビ跡のケア方法として人気があるのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体には肌の修復力を強化する働きがありますし、ターンオーバーも促進させてくれます。また、抗炎症作用にも優れているので赤みを治したい時に最適です。ビタミンC誘導体はそのままつけても効果が得られるものですが、イオン導入等のようにより浸透させることのできる手段を取り入れることで効果は更にアップします。イオン導入では肌の奥深くに届かせることができます。

生活習慣や洗顔方法も関係

ビタミンC誘導体のような肌の修復を早めるケアを継続して行えばニキビ跡も良くなりますが、生活習慣が乱れていたり洗顔方法が誤っていると皮膚のコンディションを悪化させますので赤みが改善されるのを阻害してしまいます。生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れますので、肌のターンオーバーを遅らせます。特に食事と睡眠は非常に重要であり、質の良い睡眠を取ってバランスの良い食生活を心掛けることが大切です。洗顔では、皮膚が炎症していることを考慮して外部からの刺激を小さくするように努めます。こすったり皮膚に負担のかかる洗顔剤を使って洗うことで炎症を悪化させてしまう可能性もありますので、常に負担をかけていないかチェックするようにします。