保湿美容液は悩める肌に効果テキメン|女性が喜ぶ変化

目元のケアとは

メイクをする人

まぶたの保湿も大切

まつげ美容液をつけることによりコシがあり長く美しいまつげにすることができます。またまつげが抜けやすかったり伸びるのが遅いと感じているなら美容液をつけることで改善できます。肌は新陳代謝を繰り返して新しい皮膚を再生します。まつげにもそれがあり抜けては新しいものが生え変わってきます。美容液はその成長期を伸ばして長くて丈夫なまつげに育てる働きをします。また美容液にはまぶたを保湿することでまつげを抜けにくくする効果もあるのです。これに含まれる効果のある成分はオタネニンジンエキスやオクタペプチドなどがあります。これらはまぶたの毛母細胞などを活性化させます。またヒアルロン酸やセラミド、パンテノールなどはまぶたの保湿を高める効果があります。

洗顔後に使うのが効果的

まつげ美容液の効果的な使い方は朝と晩の洗顔後にまつげとその根元に塗ります。メイクをしっかり落とした状態でなくては美容液が浸透しにくくなります。根元は美容液が目に入らないように注意して塗りましょう。美容液を塗るには筆とチップ、ブラシの3種類があります。この中でもわりとかんたんに根元に塗れるので人気なのがチップタイプです。そのためか最近はチップタイプの製品を多く見かけるようになってきました。美容液は目元に使うものなので目に優しい成分が使われています。しかし目の中に入ってしまったらすぐに流水で洗い流すことが大切です。また敏感肌や肌質の弱い人はシリコンやアルコール、界面活性剤などの添加物が不使用の製品を選びましょう。