保湿美容液は悩める肌に効果テキメン|女性が喜ぶ変化

肌の特徴と対策

手

乾燥しやすい肌の特徴

乾燥肌には二つの特徴があります。一つは、充分な保湿ができないことです。乾燥肌の人はさまざまな要因で細胞内に水分を保持する力が弱いのです。二つ目にかゆみが生じやすいです。十分な保湿ができていないと、細胞に隙間ができ、外からの刺激を受けやすくなります。刺激を受けることによってかゆみが生じ、患部を掻くことで炎症が起きて、さらなる悪化に繋がっていきます。ですから、化粧品などを付けても皮膚内部に浸透しやすいので、乾燥肌の方はかゆみ等の炎症を起こしやすいということに繋がります。これを一般的に言うと、「化粧品が合わない」になります。添加物の多い化粧品は特に刺激が強いので、乾燥肌の方はなるべく無添加のものを使用する方が多くいます。

刺激を少なくする対策

乾燥肌に対する処置としてお勧めするのが、ヒルドイドという皮膚科でもらう塗り薬です。この薬は、保湿力もあり刺激が少ないというのが特徴です。また、血行促進作用もあるため化粧品のように取り扱っている方もいるようです。また、ヒルドイドにはヒルドイドローションとヒルドイドソフト軟膏の2種類があります。乾燥のひどい箇所には保湿力の強いソフト軟膏を使用し、体全体には保湿力は弱いが浸透しやすいローションを使用する等、同じ成分で使い方も患部に合わせて使い分けられるので非常に便利な塗り薬です。どこの病院でもほとんどが取り扱っている薬なので、もし使ってみたいと思ったら、最寄りの病院へ行ってください。乾燥がひどいという理由で必要性を伝えれば処方してもらえますので、是非使ってみることをお勧めします。